ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの違い

ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーは、病院やクリニックで採用されている医療レーザー脱毛の種類です。

 

どちらも日本人の肌に合っているとされ、ヤグレーザーやルビーレーザーより日本人が肌トラブルに合う可能性は低いです。では、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの違いはどこにあるのでしょう。

 

メラニン色素に反応して毛根を焼き、ムダ毛の再生を阻む仕組みはどちらも同じです。違いとして分かりやすいのは、レーザー照射面の形です。ダイオードレーザーは照射面が四角形なので、照射する際に隙間が出来にくく、打ち漏らしが減ります。

 

アレキサンドライトレーザーは照射面が丸いので、照射時に隙間が出来やすく、脱毛の仕上がりに差が出ることがあります。そして照射面積も違います。ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーを比べると、アレキサンドライトレーザーのほうが照射面積が広いので、短い施術時間で済みます。

 

脱毛効果にも多少違いがあります。うぶ毛の脱毛に関しては、ダイオードレーザーのほうが効果が高いとされているのです。しかし実際にダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーを体験した人の話では、同程度の脱毛効果を得られたそうです。